もう平山無しでは生きていけない
a0000078_23485782.jpg「高校時代のほうがよかった」とか「オランダから逃げ出した根性無し」とか「電柱」とか「ひょっとして、頭悪い?」など世間では平山を巡る様々な罵詈雑言が飛び交っているが、
日に日に愛情を感じているのは俺だけであろうか?

丸刈りにして7000円取られたら「東京は怖い」とのたまう(キュン)
大学行くのにヘリを用意してくれませんかねぇとのたまう(キュン)
昼寝をしないようにクラブが 夜の 生活まで管理(キュン)
俺の梶山にゲームの腕前を褒められる(キュン)

平山、かわいいよ、平山。


新潟戦をみて分かったのは、「平山も時空をゆがめる動きをする」ということ。
東京で時空をゆがめるといえばなんといっても
ヌラヌラドリブルの俺の梶山だが、
いっそのことこの斜め方向に行ってしまっている二人でコンビを組ませたら、


史上初、宇宙と星を感じさせる
a0000078_23522460.jpg

矢追純一サッカー


が完成するかもしれない。


平山の魅力はそれだけでなく、

歩いた方がまだ早いと思われる全力疾走と
レーーザーービーームヘディング



この二大特長を生かすため

セットプレーとポンポンサッカー専用の
センターバックにコンバート



するってのも、将来的にはありだと思う。
(すみません、勢いで書きました。)
[PR]
by amaral_11 | 2006-10-02 23:53 | 青赤報
<< メタボリックシンドロームなんて... 紅しょうがとあんこが嫌い >>