スペイン紀行7日目~激走!赤いトラック野郎~
a0000078_135768.jpg

ヴァレンシアに5-1と完敗した、翌日の新聞のトップ。
「どうなっちゃってんだよ?」ぐらいの勢いか??そりゃそうだ。
なおこの日はハポルーニャのY氏・T氏・K氏と共に、デポルティーボラコルーニャの練習場へ赴くこととなった。

デポルティーボの練習場は、ラコルーニャの中心地からタクシーで20-30分ほど。人里離れた場所にあり、移動手段は車しかない。
(スペイン語に堪能でかつ現地情報に詳しいK氏のお陰でたどり着けた。)

*あとこれは未確認情報だが、ラコルーニャ中心部で営業認可を受けているタクシーは、練習場がある地区では営業できない模様。よって電話で呼び出すのは不可なので、待っててもらうか、地元のタクシーを呼んでもらう必要があるらしい。


a0000078_1351515.jpg

そう言えば「FOOT!」の映像で、東京の選手がここで練習していたなぁ~と思い出す。
芝生のコートが6面?程あり、クラブハウスの裏には駐車場の脇に人工芝のコートまで完備している。
なおこの練習場の目の前が牧場になっており、時間帯によっては香ばしい馬糞のにおいがするというのは、ここだけの秘密だ!
(&見学者用に、簡単な食事ができるペースあり。)

a0000078_1352253.jpg

この日は10:30練習開始予定も、前日の惨敗を踏まえたミーティングが長引いていた。クラブハウスを出てくる選手を待ち構える地元マスコミの面々も、適当に時間をつぶしている。

その時の記事らしきものがあったので、リンクしておきます。

イルレタとデポルの選手達、自分達のミスを認める

それでは毎度お馴染みのこのコーナー!
本日も親方はスペインにて昇天模様。

★なめだるま親方の、たまにはメンズノンノン★

a0000078_1352868.jpg

本日は趣向を変えて、スペインのセニョールだす!
女の子のおしりばかり追いかけるだけでなく、敢えて野郎にもトライすることで、
酸いも甘いもマイケルジャクソンも噛み分けるということだすなぁ~

あ、バレロン選手、お主はサッカーゲームマニアとはホントだすか?

バレロン「ああ、本当さ。日本のチャンピョン・ジョー(=金沢)にだって負けないよ」

あとあなたの変態キープ力の秘密とは?

バレロン「ヘンタイ?秋葉原はヘンタイの宝庫らしいね。今度日本にい行くのが楽しみだよ」

●○●スペイン語豆知識:ヘンタイ●○●
向こうでは日本製のエロゲーを意味するらしい。
その意味では「秋葉原はヘンタイの宝庫」というのは、日本語でもスペイン語でも正しい??

a0000078_1353642.jpg
a0000078_1354545.jpg選手が引き上げてきてからボーっとしながらなにげなく裏手に回ったら、選手用の駐車場が。そしてその駐車場をそそくさと横切るのは、パンディアーニ。

ん?・・・パンディアーニ????



パンディアーニといえば、赤いトラック!
あ、本当に駐車場の片隅に、赤いトラックがある!!

ちょっと待って、パンディアーニ。トラックの写真を撮らせてくれ!!
「あ、今日は時間が無いんで、サインはまたね」
ちがう、サインじゃない。用があるのはお前のトラックだ、待てーーーー

・・・とこちらの声にも気がつかず、「ボーーーーッ」と軽快な音を鳴らして
走り去る赤いトラック野郎。しかし本当に乗っていたんだ w


a0000078_1355334.jpg

そんなこんなであっという間に日も暮れて、ラコルーニャ滞在最後の夜。
K氏お勧めのリアソールのすぐ近くのイタリアンレストランで、最後のディナー。
ここも魚介類を使ったリゾットなどが、大変おいしゅうございました。


しかしリアソール、本当にいい街だった。
美味しい食べ物に美味しいお酒、そして素晴らしいスタジアムとサッカー。
これだけあれば、十分幸せだ。
またヒロミが東京の監督にならなかったらこの街に来ることは
多分無かったと考えると、ヒロミにも感謝しなくては。Gracias!


なお翌日、ラコルーニャ→マドリッド→ロンドン→成田、となるはずが、
マドリッド→ロンドンのイベリア航空が遅れてトランジットに失敗。
ロンドンからパリへ出て、エールフランスで帰ってきたら
ラコルーニャを出てから24時間以上立っていたというオチもあるが、それも旅の思い出ということで。 w
[PR]
by amaral_11 | 2004-10-06 02:09 | Camino de La Coruna
<< 赤いブルジョワチーム 白黒つけるぜ! >>