SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
何故かラモスが平山を叱る
a0000078_15362439.jpgのほほん平山にラモス一喝「本気でやれ、目を覚ませ」(量産型ザクザク)

文字通り「緑のKappa」を率いるラモスがもつ日本代表への愛情と、
平山の体重測定という全く異なる要素を掛け合わせて、
ひとつの記事を 捏造する でっちあげる 作り上げるのがZAKZAKクオリティー。

更に駄目押しとばかりに「反町ジャパン」まで盛り込む
技術の高さを目の当たりにすると、
朝日新聞に変わりて夕刊フジがクオリティーペーパーとして君臨する日が、
もうすぐ近くまで来ていることは疑う余地もない。
大学受験も「天声人語」とかではなく、「あの人はいま」や
「蜜液ソムリエ」あたりから出題されるんだろうなー
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-24 15:37 | 青赤報
禅問答スラッシュ by 平山
a0000078_1050580.jpg平山白旗王子…本家との五輪共演に“30年早いっス” 「ハナクソ」1面ジャックはいつのことになるやら… (zakzak)

このかみ合っているんだがかみ合っていないんだが
さっぱり分からないところに、母性本能がくすぐられるわけですよ。
ヌラヤマかわいいよ、ヌラヤマ。

ワンチョペ=30得点、ルーカス=20得点、平山=50得点(ヘディングのみ)で
いいかなホリイケ?


--野球は見る?
 「野球はよく見ます。甲子園超好きです。
斎藤佑樹? 知っています。
きょうも1面で読みました。すごいですよねぇ

 --東伏見は近いね
 「へぇ、近いんですか。知らなかった

 --こっちはサッカーのエース。ライバル?
 「どこがライバルですか。違います。
五輪のエースって、まだ、呼ばれるかわからないです。
日本では野球とサッカーは違いますよ。
野球みたいになるには30年はかかります」
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-23 10:50 | 青赤報
乙女心
a0000078_11234692.jpg新加入増嶋ら、みなぎる闘志(山梨日日新聞)

写真前列一番左の茶髪が、まっすぅ。
自己紹介では「フィードとヘディングに自信がある」と語ったらしい。


クラブにいるときはハラハラドキドキしっぱなしで「ゴラァ!」「血尿出るまで走らんか!」と叫ぶときが多かったけど外に出てしまった瞬間、

「甲府の人に愛されるだろうか?」
「東京入団時に"えふとう(F東)"と言ってひんしゅくかったけど、
今度は”ぶいこう(V甲)”などと言わないだろうか?」
「平山恋しさに、甲府を脱走したりしないだろうか?」

などと心配になってしまうのは、まっすぅに対する複雑な乙女心でしょうか??


とりあえず、武者修行のつもりでガンガレまっすぅ。
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-16 11:38 | 青赤報
マッチョペ
ワンチョペ、脱いでも凄いんです。

いざとなったら「はじらいの御開帳写真集 ~ここにもコブラが!~」でも出して、
一儲けすることをフロントはたくらんでいるに違いない。

a0000078_1319770.jpgシャツの張りから伺える、胸のふくらみ 胸板の厚さよ!


a0000078_1319249.jpgああ、こんな力強い腕で抱きすくめられたらワタシ・・・アナタごめんなさぁい


a0000078_13194325.jpg意外と顔もでかいんです(間違い)


a0000078_1320155.jpg(袋とじ表紙風)バストトップは隠してみました。

そしてついに・・・


a0000078_13202944.jpg全都民よ見よ、この無駄の無いマッチョボデー!
やったねかあちゃん、俺オトウトが欲しいなぁ~
ハァハァ


a0000078_13225874.jpgとりあえずヌラヤマは、プロテイン飲んどけ。



しかしこのカラダだったら、DF3人ぐらいに囲まれても大丈夫だな・・・
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-15 13:29 | 青赤報
あ  あ  楽  し  ぃ (2007年版)
4-1-2-3

3点取られても、4点取ればいいんじゃないかな?


         チョペチョペ
          (赤嶺)

 ルーコン             ナオ
 (アホの子)          (信男様)

       憂太様  俺の梶山
       (クリー) (コザワ)
     
          今ちゃん
        (特命浅利課長)

ジョー     エバウド    モニ    徳永
(スズケン) (Mr東京)  (ヌラヤマ) (伊野波) 

            シオ
            (ネ申)




大作戦展開時


         ハラ
チョペチョペ エバウド  ヌラヤマ

*誰が蹴るかが問題だが・・・
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-14 23:16 | 青赤報
野洲スタイル
a0000078_20513086.jpg野洲スタイル』(山本 佳司著)

魅せるサッカーをしよう
クリエイティブなプレーや
独特の個性を養うために
自由な発想でチャレンジしよう
自分達のスタイルを持って


という冒頭の一文を読むだけでも、お金を払う価値は十分にある。
シンプルな文体だけど、そこに込められた情熱はイヤという程伝わってくる。

何ごともスタイルを確立するためには、
時間と情熱と、なぜそれを目指すのかというモチベーションが必要だけど、
その軌跡をなぞるだけでも十分面白い。

なお「今年の野洲のセクシーさは?」という質問に対して
「キャミソールぐらい」と答えた監督ではあるが、

キャミソールでもこれぐらいならば、ご飯三杯いけます。
[PR]
by amaral_11 | 2007-01-10 20:59 | 蹴玉本&雑誌