SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
<   2004年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧
正和さんがいい仕事をした!
a0000078_134753.jpg梶山一面 キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

おがんさんも書いていたけれど、FCの文字が小さくて、
東京の文字が大きいレイアウトが素敵。

あと左端の上のほうに、うなだれるミツヲが写っています。
狙って取ったとしか思えない写真だ。

改めて一夜明けると、「これで鹿島は適わない敵ではなくなった」と
妙に強気になった自分にびっくり。
あとはアウェイの鯱と、文字通りの壁・磐田だな・・・・

*数年前には考えられなかった状況だ。


★他サポの方のための補足:正和さんって誰よ?★

東京中日スポーツ、高橋記者@東京担当のこと。
トーチュウ様が今年より大本営化したのは、正和さんが社内政治で勝利し、
大権を握ったからである(嘘)。
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-30 13:48 | 青赤報
東京 vs 鹿島(ナビスコ杯)
a0000078_235549.jpgフミタケが高い位置で奪ったボールをもって、鹿陣内へぐんぐん走り込む。
ラインギリギリで上げたボールが相手DFにあたり、ルーカスの目の前へ。
相手DFから体を寄せられたルーカスは、そのボールを後方へ流す。
そこへ走り込んだ梶山がミドルシュート


キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!


2-1で見事鹿狩り達成。皆の者、余は満足じゃ。
ホイッスルと同時に口からエクトプラズムを出していたミツヲ@北関東連合頭の
へこみ具合にも満足×2。

しかし今日は鹿島の中盤のプレスがゆるゆるだったせいもあり、
梶山のボールキープがかなり目立った。
今までは18歳の感性が爆発してたまゆげの剃り具合
どうしても注目しがちだったが、今後はプレーに注目できそうだ。

とりあえず明日一日は額に「梶」と書いて過ごそう


その他気付いた点。

●アルバイト・栗澤もかなりGood Job!
  これで来期契約しなかったら、東京は鬼だと罵られるだろう。

●ルーカス、周りをよく使えていた。よしよし。

●宮沢と替わって入った浅利が右サイドを駆け上がるシーンが何度か見られた。
  2004年度進化版??

●まっすぅ奮闘す、も梶山の前にかすむ。
  (あの髪の色は前日美容院へ行った為というが、本当か?)

●試合終了後、岩政@鹿が東京の選手に挨拶していた。ええ奴や。
 (他サポのための補足:岩政は学生時代、東京の強化指定選手だった。)


鹿狩りが無事済んだので、次はジャイアンと化してのび太から勝ち点強奪!
(ドラえもんも青と赤なのでこちらのものだ!!)
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-29 23:56 | ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
カナザワジョーヲダイヒョーヘ
a0000078_15328.jpg今週の倉又コーチのコラム。毎度ながら我らが偉大なるトーチュウ様、万歳!

>「右」からダイナミックに仕掛ける石川、
>加地の攻撃ほどの派手さはないが、
>「左」からの攻撃はきっちりシュートの形で終わることが多い。
>フィードミスがなく、イヤな形でボールを奪われ、
>逆襲を食らうことが少ない。
>それが失点の大幅減少につながったのだ。

確かにジョーがサイドを上がる場合、
アーリークロスを上げて、それをシュートというパターンで終わることが多い。
そのシュートが入るかどうかは別問題として。
よく「攻撃を仕掛けるときはシュートで終わるようにする」という
セオリーが語られるが、その意味ではセオリー実現の触媒的な
働きをしているのが金沢浄だ。


しかし倉又コーチが絶賛する基礎技術の高さをもっているジョーですら、
磐田では控えだったとは・・・
東京に移籍してきて試合に出て得た経験と成長分を差し引いても、
「あー、やはり磐田をいつか倒さねば」と切に思う。


★余談★

>三浦と同じで、何手も先のゲームの流れを読めるタイプだ。

この個所を読んで、フミさんの精神的後継者は意外とジョーがなるのでは?
なんて思ってしまった。(優勝経験もあるし)
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-29 01:54 | 青赤報
皆のもの、鹿狩り(ししがり)ぢゃ
a0000078_191155.jpg東京都民の大本営・トーチュウ様より。

明日のナビスコ杯鹿戦@鹿島、オリンピック代表の三人は欠場。

キャプテン・モニは体を動かさず帰ったらしいので、結構疲れてる?キャバクラに行かせないためではないだろう。2日のマリノス戦に照準をあわせよ!


ケリーOK

練習試合は捻挫で欠場したが、出場OKとのこと。
ただヒロミのコメントを見ると今年の怪我の多さを心配しているらしい。
ルーカスと一緒に佐野厄除け大師行っとけ。
(あそこは東京ではないか・・・)


ホームのアントラーズ戦だとヒロミ味スタご降臨の2002年の開幕ゲーム(別名”東京土産!”試合)や、
去年のサンバdayなどお祭り騒ぎが印象に強い。
が、アウェイになると、数々の真綿で首をしめますショー(=惜敗)しか記憶にない。
磐田に続く鬼門にならないように、何とかしてくれぃ。
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-28 19:12 | 青赤報
ネドベド相手に、加地が調整
a0000078_10550.jpg絶不調のままヨーロッパへ拉致されてしまい、
その動向が心配されていた加地であるが、
どうやらネドベド相手のマッチアップ?に並々ならぬ意欲を燃やしている模様。

>「チェコは世界トップレベルの選手がいる。
>自分の力がどれだけ通じるか試したい」と、
>ライン際の激しい上下動を生かして先発をアピールした。
(詳しくはここをクリック)

上手く押さえ込んで復調のきっかけにしてくれればいいけれど、
ボコボコにされて更に落ち込んだら・・・と
考える俺はネガティブでしょうか??
(ガンバレ加地!)


なおチェコの監督が

>日本は個々のテクニックに優れ、チームワークも良い

発言。 こりゃ全然研究されていないな(^^;)
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-28 10:56 | 蹴球雑感
ルッ、ルッ、ルーカス~♪
a0000078_0520.jpg暗いと不平を言うよりは、すすんで灯りをつけましょう・・・
というわけでルーカスですよ、奥さん。

ここまでリーグ戦とカップ戦で1点ずつのみなので、
あちらこちらで評判が芳しくないが、
もうしばらく待てば爆発の時が来る! 以前も同じこと書いた?
その日が一日も早くくるように、毎晩寝る前に開幕のマッチデープログラム(写真参照)にお百度参りをしている。

実際ビデオを見直してみると、もの凄い運動量である。
しかも笑いも取れる(それだけでもいいぢゃない、と思う時もある)
また開幕当初に比べると、前線からのプレス参加も積極的になっている。
(コネコネも多少減った?)
その意味では東京色に染まってきたといっても過言ではないが、
シュートの宇宙開発事業団具合だけは染まって欲しくない。
calyxさんによれば、テニスコート空爆シュートを見舞ったらしいが。)

他の国からやって来て、しかも開幕当初は相棒のケリーが故障中。
そんな環境で結果を出すことは、少々厳しかったと思う。
しかし我らが将軍様もそろそろ復帰の見込みであり
(練習試合に出ていなかったのは何故?)、
周りとの連携も取れてきたこの季節こそ、

 ルーコン大爆発

の季節である ・・・・ことを祈りたい。

個人的にチャントは、ジンギスカン希望。
 → Goal、Goal、Goal、Goal ルッ(Hey!)ルッ(Hey!)ルーカス~♪


練習試合で2Goal!吉兆か? 阿部ちゃんは後半だけでハットトリック??
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-27 00:53 | 青赤報
攻めろ、ボランチ!
a0000078_224553.jpg(監督から『もっと攻めろ』と言われるか?)
いや、山本監督には言われない。
自分の判断ともう1人のボランチとの話し合いで決めている。

ほかの監督にはすごく

言われたことは

ありますけど(笑)



この人のことかな?今ちゃん??
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-26 22:46 | 青赤報
東京 vs 市原(サテライトリーグ)
a0000078_02911.jpg阿部ちゃん先発の報に接し、
たまたま買っていたやきそばパンと競技場を記念撮影。
阿部Pな人だけに分かればいい!


駐車場に青赤ワゴン停車中。まさか選手がこれに乗って・・・と
思ったが、チャーターしたらしいバスはちゃんとありました。
(市原が自前のバス持ってて、羨ましかった)


夢の島にミニスカ女子高生という異種コラボレーションがここに実現!
おそるべし増嶋ギャル・・・
(増嶋に対する暴言は後ほど)


なんとオシム監督が来ていた!デカ!!
となりに同じぐらいの大きさの外国人スタッフがいたのだけれど、
噂のオシムJrだったのか??
サテライトリーグで「ヒロミとオシムの解説を流す」なんてやったら、
かなり客入るだろうなぁ・・・・



先発フォーメーションは下記のとおり。多分4-4-2。
結果は2-2の引き分け


   阿部   近藤(祐)

鈴木(規)       小林

 チャン  浅利(cap)

大谷 前田 松本 まっすぅ

      塩田


●大谷を左サイドバックに回したのは、何かの罰ゲーム?
  複数ポジションができないと厳しいとはいえ、
  ボランチじゃないと本領発揮できないのでは・・・

●ノリオ、後半に左SBに周ってからの方がよく見えた。

浅利のパス技術がなにげに上達していた。

塩田のコーチングの声が、風に流されずずっと響いてた。

●松本、じたばたドリブルを披露。(&へなちょこシュート)
 モニの有力後継者、夢の島に降臨!

●近藤(祐)、また体でかくなった??


ええと、で今回は右SBで先発だった増嶋ですが、
ボール持っただけでJEFサポからブーイングされたりと、
相変わらずの人気ぶり。
サイドを駆け上がりボールをもらった時にコントロールできないケースが
多かったので、足元技術向上が今後へ向けての改善点。

あえて苦言を言えば、スケールの大きいプレーもあったが、
凡ミスのあと自分でボールを取り返すというようなことが少なかった。
ジャーンとは余り合わない」(by トーチュウ様)などと屁理屈こねる前に

走らんか!

ヒロミの「シュート男塾」よりも、熊さんの「部活サッカー男塾」
一度叩き込んだ方がいいのかもしれない。
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-26 00:30 | 青赤報
フットサル代表も!
a0000078_133448.jpg最近競技人口が増えてきたフットサルにも日本代表チームがあり、
その代表が、見事世界大会への出場を決定!
(昨日の国立でもその結果が流れていたけれど。)

日本のフットサル代表はここ数年で急激に力をつけてきているが、
アジア地区では2番手グループ。アジアのトップはイラン。
&世界のトップとのレベル差は、まだまだある。
(世界ではスペインやブラジルがトップの実力を誇る。)
その意味では世界で戦える機会をつかんだのは、非常に大きい。

フットサルは「ミニサッカー」として捕らえられることが多いけれど、
実際にプレーしてみるとバスケットボールやハンドボールの感覚に近い。
(コートの大きさ=40m×20m)
トップチームの試合を見に行くとかなりスピーディーで、
20分ハーフの試合がとても短く感じられる。

関東近郊ならまもなくリーグが始まるので、
時間がある人は是非どうぞ!(入場は無料です)
日程はこちらを参照。

*カスカヴェウ、ファイルフォックス、プレデターなどが強豪チーム。
  個人的にはフトゥーロが一番お勧め。



<フットサル日本代表>

GK 遠藤 晃夫   31歳 ファイルフォックス/東京
GK 定永 久男   26歳 ファイルフォックス/東京
GK 川原 永光   25歳 田原FC/静岡

FP 比嘉 リカルド 30歳 FC琉球/沖縄
FP 相根 澄    30歳 プレデター/千葉
FP 市原 誉昭   28歳 プレデター/千葉
FP 岩本 昌樹   28歳 プレデター/千葉
FP 藤井 健太   27歳 MAG'S FUTSAL CLUB/大阪
FP 前田 喜史   26歳 カスカヴェウ/東京
FP 難波田 治   26歳 ファイルフォックス/東京
FP 稲田 祐介   26歳 カスカヴェウ/東京
FP 金山 友紀   26歳 カスカヴェウ/東京
FP 鈴村 拓也   25歳 MAG'S FUTSAL CLUB/大阪
FP 木暮 賢一郎  24歳 ファイルフォックス/東京
FP 小野 大輔   24歳 フトゥーロ フットサル/東京
FP 稲葉 洸太郎  21歳 渋谷ユナイテッド/東京
FP 森谷 優太   20歳 カスカヴェウ/東京

※GK:ゴールキーパー FP:フィールドプレーヤー
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-25 13:35 | 蹴球雑感
女子日本代表vs女子北朝鮮代表
a0000078_01858.jpg奥様ボランチ」や「女子大生FW」だけでなく「女子高生FW」まで擁する女子日本代表が、オリンピック出場を決める!
ただ「女ヒデ」っては澤に失礼だと思うぞ > マスコミ
銀座の田崎真珠の前にも、TASAKIペルーレに所属する
女子選手を応援するこんな看板が。

(店内にはボールやユニフォームも飾られていた。)

今日の国立の観客はおよそ3万人。女子の試合としては新記録。
北朝鮮側にも人がたくさん来ていたが、日本側はゴール裏やバックスタンドなどが、ほぼ青で染まった。
東京マフラーをしている人も結構いたなぁ。

日本の選手と比較すると、まちがいなく北朝鮮の選手のほうが、フィジカル的には強い選手が多かった。
だけど繋ぎという面では日本に分があり、パスがかなりつながるので
フル代表より面白い」との声もあちらこちらから。
個人的にはFW丸山の男気あふれるドリブルに、異様興奮。
ちなみに北朝鮮のユニフォームはアディダスのコスモジャージ(赤)

試合終了後には上田監督から挨拶があり、
その後はお約束の水かけ。
ボトルをもちながらそわそわしている挙動不審の選手が多かったのが、妙に初々しかった。


これで、アテネ de ランデブー!!

たたかう女たち
国立から帰ってきました。
アラブルナデシコ
♪ワッショイ!ワッショイ!
[PR]
by amaral_11 | 2004-04-25 00:20 | ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)