SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
<   2004年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧
本日の大本営発表・トーチュー様より
a0000078_122449.jpg毎週水曜日は、倉又コーチとケリーのコラムの日です(隔週担当)。
今週は倉又コーチの番。

コーチングの大切さを痛感

先週のナビスコカップの失点の原因を、システム的に分析。
例えば1点目の失点は、徳永が体を入れる以外(結果それが失敗)、
ヘディングでクリアする選択肢もその時にはあった。
その指示出しをしっかりとしなければ・・・・ という内容。
2点目の失点もしっかり分析していて、非常に奥が深い。

マスコミもこれぐらいの突っ込んだ記事を
書いてくれないかねぇ。(毒)



そしてもうひとつ。


金沢、ベルデー戦微妙

先週のナビスコカップで捻挫したらしい(気づかなかった)。
去年指が逆に曲がっても(ジュビロ戦?)、
テーピングのみでプレーを続けた「静かなる闘魂」ジョー
のことだ。
何とか回復してくれるだろう。
万が一の代役として、藤山と鈴木(ノリヲ)がスタンバイ。


しかし移籍してまだ2年目なのに、東京の左SBには
ずーーーーっと金沢がいたような気がする。

実はあの人、東京ガスの社員」と言っても納得されそうだが、
目立ちはしないけれど本当にバランスの取れたいいプレーをする。
右サイドの加地が不在の際は徳永がいるけれど、
そう考えると金沢に変わる左SBはいないなぁ・・・
一日も早い回復を祈るのみ!
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-31 12:25 | 青赤報
今宵、加地が右サイドを駆けあがる!
a0000078_11210.jpgワールドカップ予選 vsシンガポールが今夜行われる訳ですが、
右サイドはFC東京から選出された加地の先発が有力である。



加地、暑いけだろうけれど頑張れ。
ものすごく頑張れ!


今まで右サイドの先発を勤めていた山田(レッズ)と比較すると、
加地のよい点は運動量豊富なところにある。
クラブでも4バックの右SBを勤めているが、
いわゆる空走り、無駄走りになっても右サイドを全力で駆け上がる姿は
(そして全力で戻ってくる)、
それだけでも絵になる。  *誉めすぎ?

課題は暑さで体力が消耗してきた後半に、
いかにクロスの精度を落とさないかだ。
それさえ克服できれば、中盤から出されたパスを受け取った加地が
ゴール前へクロスを挙げ、それでGoal!というシーンが展開されるでしょう。

最後にもう一度。


加地、暑いけだろうけれど

頑張れ。


ものすごく頑張れ!
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-31 11:03 | 青赤報
パラナエンセ・アタックライン
a0000078_02516.jpgFC東京の攻撃の鍵となるのは、間違いなくMFケリー
1年目は開幕直前で加入したこともあり、「謎の外人」扱いだったが
(チャントも♪魔法使いケリ~♪だった記憶が)、今では押しも押されぬ攻撃陣の大黒柱。

キープが あまり 上手くない東京の攻撃陣では、
足裏を使ったキープ力はまさに郡を抜いている
(多分Jリーグでもトップだろう)


そしてそのケリーとのコンビが期待されているのが、
今年加入したFWルーカス
ケリーとルーカスはブラジルのアトレティコ・パラナエンセ時代からのコンビであり、
当時はこの二人を含む攻撃陣で、多くの得点を重ねていた。
(ポジション的にはルーカスがトップで、ケリーが1.5列目の縦の関係)


「阿部とルーカスのコンビは訳がわからない(笑)」とは我らがヒロミ談だが、
ルーカスとケリーのコンビは
凄いものがある
」とのコメントも残している。
(ヒロミじゃなかったかな?記憶曖昧)

FC東京の攻撃陣といえば右サイドの「石川-加地ライン」が代名詞だが、
今年はこの「パラナエンセアタックライン」も攻撃の柱として加わる。
幸いケリーが今週末のダービーから復帰しそうなので、
この二人のコンビがどれだけ得点チャンスをつくるか、
今から非常に楽しみだ!
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-31 00:26 | 青赤報
東京ダービー、洗濯機爆発に注意せよ!
a0000078_133138.jpg都民の皆様への重要なお知らせです。
今週土曜日は、FC東京vs ベルデーの

東京ダービー」です。

都民はこぞって、味の素スタジアムへ駆けつけましょう。
そしてこの様に、声を張り上げ叫ぶのです。

「♪オオオオ~オオオオ~ 
オオ ベルデー川崎~♪」

「♪川崎帰れ!(ドンドンドドドン)♪」

 *川崎ももはやフロンターレのものなので、帰る場所はないが・・・


なぜ私はベルデーが嫌いか?
それはやらせ報道があったり、
なんだろうSHOPが人知れずひっそり閉店していたりが原因ではなく、

もはや先天性

としかいいようがない。
去年のホーム最終戦 vsベルデーも、
引き分けで優勝を逃した悔しさより、
引き分けに追いつかれたという方の悔しさが勝ってたことを
ここに告白します。
(結果あの引き分けが・・・と後に知り、憎悪はさらに倍の
クイズダービー式に膨れ上がったわけだが。)

しかし私の潜在意識を探れば、どうも

 ベルデー=お金持ち、 FC東京=清貧

というこれだけでも育ちが良くないことが分かってしまう、
ひがみ根性があるようだ。

「そうだよな、ヨミウリだもんな、ナベツネだもんな、金満な悪の帝国だもんな。」
「うちは清く正しく美しく一杯の掛けそばを皆で分け合うようなチームだもんな」
金で何でも解決するような
ところには負けたくないね

(←ここまで来ると、もはや被害者意識)


・・・とここまで書いておいて、一応オトナなわけだから、
科学的な裏づけを取って実証せねば!と思い
このチームいくら?04」を参照して総年俸を比べてみた!


ベルデー
 全選手総額 4億7、500万(昨季より+1、000万/2.2%増)


FC東京
 全選手総額 3億9、920万(昨季より+840万/2.1%増)





・・・・あれ?あまり変わりない???
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-30 13:32 | 青赤報
日立台乱入始末
a0000078_11719.jpg昨年のリーグ最終戦(アウェー)、vs柏@日立台の試合終了後、
FC東京のサポーターがピッチに乱入する暴挙があった。
その後クラブは乱入したサポーターに対して自主的処分を促し、
結果42名が、スタジアムやゴール裏への入場を自粛する処分を申し出た。

そしてその自主的謹慎に対する、クラブ側の処分が発表された。

FC東京を愛するすべてのファンのみなさまへ


クラブとして、これ以上の謹慎を強制するわけにはいかないという
姿勢は評価する。
ただ個人的には、まだ乱入者を許すこころのゆとりを持てない。

日立台で行なわれる「金町ダービー」の雰囲気がとても好きだ。
これが柏の葉では、こうもいくまい。
専用競技場ならではの臨場感、
実用重視の無骨な感じ、
そして
柏サポvs東京サポの

(オゲレツな)野次合戦。


浦和との試合とはまた違ったゆるゆるな緊張感が、たまらない!!


去年の最終戦はバックスタンド最前列で見ていたが、
なだれ込む集団を見て、馬鹿野郎!と声を挙げると同時に
これでもう金町ダービーは終わりだという喪失感で一杯になった。


ただ事態が進展した以上、何とか前向きに解決しなくてはという気持ちもある。

失ってはじめて分かる、

友の大切さよ。


信頼の回復にはとてつもなく時間がかかるだろうけれど、
金町ダービー復活へ向けて、微力ながらいろいろ考えていきたい。
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-30 01:18 | 青赤報
今そこにある危機
a0000078_151945.jpg衝撃?のカミングアウト。実はかなりの野球マニアです。
子供の頃は後楽園に足繁く通い、ここ10年は毎年MLBを見るため
夏休みはアメリカに通っている。
もしサッカーの知識量と野球の知識量を比べたら、
前者と後者の開きはかなりある(と思う)。
でそんな私目がiku-2002さんのblogを読んで思った雑感を。


ここ数年、日本のプロ野球の衰退がしきりに言われてます。
日本の野球が開幕するこの時期に、他国の開幕ゲームを開催するなんて
その最も最たる例。
衰退の原因はいろいろあるだろうけど、
実際に球場に足を運んでいる人のうち、純粋に野球が好きで、
野球が見たい人の割合が減りつつある
、というのを
プロ野球衰退の理由のひとつに挙げることができると思う。


プロというのは、人に見られる商売である。
見られる以上、一定水準以上の技術を披露するのが最低限のルールとなる。
では見る側(観客側)は、その技術を理解する”肥えた目”を
どれだけもっているだろうか。

昔「こちらのファンは、プレーを見る目が肥えている」というイチローの
コメントに、何を!と思いつつ、そうだよなと複雑な気持ちになった。
見る側のレベルが低下すれば、見せる側のレベルも低下する。
よいプレーに対しては惜しみない賞賛を、
わるいプレーには文句をつける

個人的にはそれがスポーツ観戦の醍醐味と思っていけれど、
とかくプロ野球(およびそれを取り上げるマスコミ)の現状は、
その本質から乖離しつつある。


・・・と書いていくと、別にこれはプロ野球だけに限らず、
サッカー観戦においても同様のことが言えると思う。
クラブの試合よりも代表の試合がはるかに注目を浴びる現実
(マーケティング戦略としては正しいのかもしれないが)、
これから伸びるであろう選手を、ちやほや賞賛し、
その選手が伸びなくなったら放り捨てる一部ファンやマスコミ。
プロ野球の危機は、決して対岸の火事ではない。


昨年女子代表がオリンピック出場をかけたプレーオフを国立まで見に行った時、
人数は少ないけれど、サッカーが好きな人が純粋に観戦を楽しんでいる
雰囲気がスタジアムに溢れていて、かなりいい感じだった。
(えのきどいちろうもコラムで同じことを書いていた。)
そう言う雰囲気こそが、プレーのレベル向上には欠かせない”環境”だと思う。

 *長文スマソ
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-29 15:20 | 蹴球雑感
ナビスコカップ vs鹿 @味スタ
a0000078_235623.jpg我が愛するFC東京が、ホーム味の素スタジアムで鹿島相手に
必至に攻撃を繰り返していたその時、

千葉県の某所でいちご狩りを
していた俺は負け組み・・・・

_| ̄|○ 


いつもなら週末は試合を優先でスケジュールを組むものの

別のいちごを

狩ってもいいよ♪
」なんて誘われた日には!!!


ヒロミよ、煩悩に惑わされた私をお許しください・・・・



試合の詳細レポートはmuka-0さんのblog参照。

【追記】
fctokyo1999さんのblog
ultrasariさんのblogにもレポ上がった。
くぅ~やはり見に行けば(後悔先に立たず)

MXTV録画しておいたので、それをみた雑感を。


・2点リードされてから、ルーカスが攻撃の鬼となった。
 結果1点取ったが、次は勝ち試合で点を決めてくれーーーー!


名刀・成光2年ぶりに復活。今日までの日々を思うとただただ感涙。


・どうも今シーズンここまでの3試合を見ると、サイドチェンジの展開が
 去年より少ない気がする。宮沢の出来次第か??


・徳永、最悪の出来。ヒロミもめずらしく厳しいコメント
 これを糧にしてくれよぉ~


・とりあえず2点は取られたが、塩田は攻めたくない。
 ただ土肥ちゃんの偉大さを痛感した。



結果ゲームは落としてしまったが、後半の気迫溢れる責めは
今後に繋がるものを感じさせた。


さぁ来週は東京ダービー。

ガンガン行こうぜ!!
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-27 23:46 | ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
(追記あり)とりあえず早起きにトライする→起きました
a0000078_12410.jpgジャンケン警報~ナオギャルに告ぐ~

ポンキッキーズ21』の“ジャカジャカジャンケン”に石川直宏選手が登場!



こんなことを今更言うのは大変恐縮なんですが


ジャカジャカジャンケンって何??


名前からするにジャンケンというのは分かる。
しかしコニーちゃんってマンガのキャラらしいので(←この時点で間違い?)、

実写(=石川)とアニメのCGでジャンケン

なのか??


早起きにトライしますが、念のため録画予約もして寝ます。
(見たらこの後に感想を追記)


----------------------------------------------------------
起きました。眠いです。時間軸で書いていきます。


なぜかはしのえみがでて、桜餅食ってる。

♪一本で~も~にんじん~♪、って懐かしいなぁ。

「爆チュー問題」って、ポンキッキーズでやってたんだ!
なんか「ウゴウゴルーガ」っぽいぞ。

お、痴漢車トーマスだ。朝から刺激が強いぞ、ハァハァ

パトラッシュ、僕なんだか眠くなっちゃったよ。

あと5分で終わりなのにナオが出てこない。
途中寝てたか?ガチャピンが代表のユニきて歌ってる。


なんとエンディングがジャカジャカじゃんけん!(6:57)
フジTVの陰謀。

おはよう。FC東京の石川直宏です。

僕にジャンケン勝てるかな?


非常に照れながらやってます。ユニ着用。
これが今ちゃんなら、顔が真っ赤になるんだろうなぁ。
モニだったら、もっとオーバアクションでやりそうだ。

ジャカジャカジャカジャカじゃんけんぽーーーーn!


グー 」 ←心眼でみよ

最後に「スタジアムに応援に来てね」


とりあえず俺は引き分けでした。
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-27 01:23 | 青赤報
オサレさん専用サッカー雑誌 『Footival』
a0000078_11315.jpg今ちゃんと増嶋の記事が載っているってんで、
『Footival』なる雑誌を読んでみたわけですよ。


唖 然


これはサッカー選手を使った、オサレマガズィーンに過ぎないと思った。
(よって立ち読みで却下)


今ちゃんの記事は『五輪戦士の成長記録』と題して
オリンピック予選時の日記が(広島・森崎と共に)掲載されているんだけど、
これ本当に今ちゃんが書いたのだろうか?
なんか明らかにキャラ作って書いている臭いが、プンプンする。
(本人だったら、スマン)


あと増嶋の記事は『本当の僕はここにいる』と乙女のハートをキュゥンとさせるような、”本当の僕の姿”を紹介するインタビュー。




■■■□□□ 古代君、波動砲発射準備だ!



■■■■■■■■□   ラジャー!






■■■■■■■■■■■■  アムロ行きマース




いいか、小僧よく聞け by北方先生


こんなインタビューに

答えている暇があったら、

小平で血尿でるまで走り込め!



人気があって、才能があるのは認める。
しかしメディアにでるのは、実績を残してからでも遅くない。
こういう情報を欲しているファン層がいることも事実なんだろうけれど、
正直そんな形でクラブ名が知られても、嬉しくない。
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-27 01:14 | 蹴玉本&雑誌
over the あやや
a0000078_11737.jpg3/27(土)鹿島アントラーズ戦にガチャピン・ムックがやってくる!

多分歴代ゲストの中では、「春一番」「三杉君@キャプテン翼」に続く
知名度の高さではないだろうか?
神戸が呼んだあややなんぞ目では無い!

しかし気になるのは、ガチャピンの色
「ムックがせっかく赤なんだから、お前は皮をはぎ青になって来い!」と思ったら、モニローダに早速画像が上がっていた・・・


グッドジョブです!
[PR]
by amaral_11 | 2004-03-26 01:18 | 青赤報