SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
<   2004年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
キャバクラ行く金で、徳永に美味いものを!
a0000078_105339.jpg早稲田大学に所属する徳永(オリンピック代表)は、
FC東京の強化指定を受けている。
昨年は加地に代わり右サイドバックで出場し、
一時期加地からレギュラーを奪った。

*それに奮起した加地が結果としてA代表になったのだから、
 競争って大事よね。


現在オリンピック予選のためアブダビにいるその徳永が、
現地の激励会で「今まで一番の失敗は?」と聞かれ、
思わず「Jリーグに行かずに、大学に行ったこと」と答えたらしい。
(Jリーグ=FC東京、と信じたい)


>Jで活躍してもアマチュア選手である限り出場給も勝利給もゼロ。
>代表遠征ではほかの選手に支払われる日当(1万円)、
>ボーナスも受けられない。
>プロと同じ拘束時間で無給とあれば、支出は増える一方。
>実は、食費を切り詰め、暇を見つけては日雇いアルバイトで生活費稼ぎ。
>肩書だけは華やかな『代表』も、実際は「金がないッス」が口癖の苦学生だ。


「徳永の実家は地元の名士で、かなり金持ち」と
聞いたことがあるけれど、
もし苦学生が事実であるなら、練習参加時にはヒロミ先導で
「美味いもの」食わしてやってください・・・



あとモニ輪もキャバクラ行く金があったら

先輩風吹かせて美味いもの食わしてやれ!
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-29 10:54 | 青赤報
Jリーグ選手名鑑 その3 ~巡りあい宇宙~
a0000078_15038.jpgいよいよ真打・『Sportiva!』の登場である。
結論から書けば、

今年も期待を裏切らなかった。


『Sportiva!』の選手名鑑が、『サッカーマガジン』や『サッカーダイジェスト』
というサッカー専門誌の選手名鑑と異なる点は
下記のとおり。


(1)得点や出場試合数の個人記録が載っていない
→身長や体重や誕生日は載っているのに・・・


(2)全選手が掲載されているわけではない
→各チームで16人。しかも監督込みで。
 写真もとんでもなく小さい(虫眼鏡必須)。レギュラー+話題の選手、という感じか。


(3)選手に関するコメントの多くが「受け」狙い
→例えばFC東京の石川選手に関するコメントは下記のとおり(全文引用)


「宝塚の薫りを感じさせる高貴なナオさま。
日本人離れした強烈な大股でピッチを縦横無尽に駆け回る」



宝塚の薫り”って・・・・

たしかにこのコメントは笑えるんだけど、
どうせここまで書くならモニ輪のところで使うぐらいの
はっちゃけぶり
が欲しかった。


(4)J2も載っている
→やっぱり一冊にまとまっている方が見やすい。


(5)ご当地ラーメン
→「なんじゃそりゃ!」と思うかもしれないが、
 各クラブそれぞれのご当地ラーメンが写真付き(しかも選手よりデカイ)で
 紹介されている。
 なんか主旨が違う気がするが、つい読み込んでしまった・・・・

しかし納得がいかない点がひとつ。
ベルディのご当地ラーメンに、「たけちゃんにぼしらーめん」が紹介されているが、

深大寺はFC東京の

テリトリーであり、



ベルディのご当地ではない!



またなにか選手名鑑入手したら、紹介していきます。
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-27 15:01 | 選手名鑑を読む
Jリーグ選手名鑑 その2
a0000078_145827.jpghi-takuya さんの「サッカー+Mac+TV=自分」にトラックバックしてもらった。

J選手名鑑の季節です

昨日投稿した後それぞれの選手名鑑を読んだけど、
結論から言えば、やはり同じく僅差で『サカダイ』の方が優勢か?
(しかしこればかりは好みの問題)


昨日は「サカダイの方が、チームインフォが充実している」と書いたけれど、
『サカマガ』には、J-Stats Optaのチームデータが載っていた。
(選手名鑑真ん中あたりのページ。新潟の後。)

上位チームと比較すると
やはり攻撃が 右曲がり右に偏っている
左右のバランスをとることが、今年の課題か?


実は昨年もあちらこちらの雑誌を買って、
選手名鑑を読み比べていたことを思い出した。
(開幕前はみんなこんなもんだろう)
その時、自分的に「これがベストだ!」と思ったのは、

『サッカーマガジン』でも
『サッカーダイジェスト』でもなく

『Sportiva!』

のものだった。選手のコメントがあまりにも適切で、
いちいち笑ったのを覚えている。
(ケリー → エディマーフィー似、とか。)


で今年もやるのかと思ってサイトをチェックしたら、
やってくれるね『Sportiva』!

・・・・という訳で帰りに購入して、早速チェックしてみます。

(パート3 ~めぐり合い宇宙~ へ続く)


PS) 『サッカーai』とかにも選手名鑑あるんだろうか??
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-25 12:39 | 選手名鑑を読む
【サカマガ vs サカダイ】 選手名鑑を比較してみた
a0000078_145850.jpg今日発売の『サッカーマガジン』と『サッカーダイジェスト』は、
共にJ1の選手名鑑を載せている。(J2は来週号)
で、その二つを買ったので試しに比較してみた。

*ただ買って間もないので、FC東京しかみていない。


選手毎の写真は、『サカマガ』の方が大きい

『サカマガ』は1ページあたり8人掲載。
『サカダイ』は1ページあたり12人掲載。
全体的に『サカダイ』の方が色調が明るい感じがする。

どうでもいいけど、石川の髪型がおかしい。寝癖?
増嶋、毛髪量多すぎ。


紙質は『サカダイ』の方がいい

・・・というか固い?
(写真の色調にも関係している)


選手の年度毎の成績は『サカマガ』にしかない

載っているのは「リーグ戦」「カップ戦」「天皇杯」の出場試合数と
得点数。
そうか、藤山は1999年を最後に得点してないのか・・・


チームインフォは『サカダイ』の方が充実

「攻めて、攻めて、初タイトル獲得へ」というキャプ付き。
漢字にしないと、「せめて、せめて・・・」と懇願しているっぽい。

『サカダイ』は今年のチームに関する特長と短評や、
担当一押しプレーヤー(ちなみにモニ)あり。
全体写真も大きい。

しかし『サカダイ』にはホームゲーム入場者数、あり。


スポンサー様

『サカマガ』には、我等が偉大なる「ENEOS」様こと「新日本石油」様の
広告が掲載されている。


*また気づいたことがあったら追記します。
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-24 08:24 | 選手名鑑を読む
味の素スタジアムではやく今野を見てみたい
a0000078_172420.jpgU-23日本代表の今野の評価がここのところ急上昇だ。

>個々の選手の急激な成長と、この試合での活躍についても触れておこう。
>まず、今野泰幸。ワールドユース組出身ながら、
>今ではチームに欠くことのできぬ安定感あふれる
>守備的MFに成長した。
>田中マルクス闘莉王が飛び出す際のカバーリングのタイミングには、
>さらなる精度が求められるものの、
>的確な判断力とフェアでクレバーな
>ディフェンス能力には、ほれぼれと見入ってしまう。
(詳細記事はここをクリック)


今野は今年、札幌から東京に移籍してきた。
将来的には、長年東京のボランチを支えてきた三浦フミタケの
後継となると(今から)期待を集めている。
ヒロミ曰く「チームを支える技術と人間性がある
(その三浦、以下敬愛の念を込めフミタケ、が今野加入でかなり燃えているらしいが。)

しかし、ご存知の通り今年は各クラブチーム始動の前から
代表チームが動き出すという変則日程

つまり現時点では「FC東京」でプレーする今野ではなく、
「代表チーム」でプレーする今野を目にする機会が多い。
そしてそこであれだけのクレバーなプレーを見せられると、
はやく味スタで今野が見たい!」と辛抱タマラン状態だ。


FC東京は4-2-3-1のフォーメーションを採用しており、
ボランチを担当する選手は2人である。
昨年は「フミタケ&宮沢」のコンビがボランチを努めるケースが多く、


フミタケがボール奪取
宮沢が左右へ大きく展開

というのがひとつの攻撃パターンだった。
ただ弱点はふたりともそれ程スタミナ豊富なタイプではないので、
試合後半になるとそのパターンが使えないことが多かった。


*特にフミタケの名誉のために書けば、加地と金沢の両サイドバックが
 ガンガン攻め上がるので、その分フォローに走り回るケースが多くなり、
 結果後半20分ぐらいで・・・である。なお宮沢は若いんだからもっとスタミナつけろ。



そこで、である。

豊富なスタミナ+抜群のバランス感覚+フェアなディフェンス能力

これさえあれば、中盤がぐっとしまることになり、
試合後半になってもチームがガンガンに攻めることが可能になる。


とりあえずチームになじむまで少し時間がかかるかもしれない。
しかしなじんでしまえばこの先10年の東京を支えてくれる選手であることだけは
間違いない。
ああ、早く味スタのゴール裏で「今野!」と叫びたい。
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-22 17:25 | 青赤報
SOCIO 年間チケットがやってきた!
a0000078_121945.jpgあああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああ


FC東京の2004年度年間チケット(1stステージ分)が
無事到着。

いよいよシーズンが

始まるんだ」と感慨も一塩。

*ついでに財布から金が・・・・


昨年のものとはデザインが微妙に変わった。
(上:2004年、下:2003年)
モザイクが入っているところは、
ソシオナンバーと個人名が記入されている個所。


ああ、あと3週間!
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-21 12:20 | 青赤報
オマーン戦、鬼のいぬ間に・・・
a0000078_182221.jpg結局アジア予選のメンバーとして代表に残ったのは、
GK土肥ちゃんだけとなった。

モニ&石川はオリンピックへ強制拉致連れて行かれてしまうが、
これで加地が来週からの鹿児島キャンプ参加が可能になったわけだから、
まぁよしとしよう(←強がり)

で土肥ちゃんのいない隙に奮起が期待されるのが、
今年加入したGK塩田(詳しくはここをクリック)


去年までの第二GK小沢は鹿島へ移籍
遠藤は昨年の実績が全く無し、
近藤が大怪我で今季絶望
とGKが手薄なだけに、
土肥ちゃんがいない今こそが絶好のアピール機会。


塩田の特記事項としてはそのプレーや輝かしい実績ではなく、

この「


決して美形ではないが、溢れ出る生命力
たとえ顔面を使ってもボールを止めそうな、ふてぶてしさたくましさ
全てが東京向きだ!!

それにしても今年は、ルーカス、今野、塩田&松本といい補強ができた・・・
(フロントに感謝)


■写真はここから
FC東京石垣島フォトレポート6
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-18 18:23 | 青赤報
KING will be back
a0000078_201037.jpgFC東京のリーグ開幕戦は13日の新潟戦だが、
その仕上げとして1週間前にプレシーズンマッチが組まれている。
(詳しくはここをクリック)

一昨年はハレルヤ@韓国キリスト教チーム、
去年は山形、が相手だった。  *移籍した星と松田に点を決められた・・・

で今年の相手は


湘南ベルマーレ


言わずもがなあのお方、
KING OF TOKYO、 ←念写すると見える
がいらっしゃるチームである。


ひじょーに楽しみではあるけれど、
違うユニフォーム着ている姿を見ると違和感を感じるかも。
(免疫つけるために、わざと湘南のサイトをみて、
特訓をしていますが。)

ただ万が一点を決めたら、

どちらからもコールが起きる

という
前代未聞の事態がおきることでしょう。
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-17 20:11 | 青赤報
バーッ、ポーン、ウワーッ もしくは「ポンときてチョン」
a0000078_154724.jpg今日発売の『週刊サッカーマガジン』にある
ハラヒロミ監督インタビュー

●原監督が、燃えている

より抜粋




>両サイドがバーッと開く、
>そこへポーンと展開していくと、
>ウワーッと開けていく


これだけで理解できればアナタも立派なヒロミスタ。
擬音語の使い方に、一流のなにかを感じさせる・・・
(いや、そう信じたい。)

 *画像はサイドのウワーッを担当する人

ちなみに和訳するとこうなる。


ボランチ(三浦・今野・宮沢の誰か)が相手ボールを取り、
右の石川、左の戸田がサイドを走る。
ボランチからサイドへボールを預けた後、
さらに両サイドバックの(右)加地、(左)金沢が
攻撃参加し、
ピッチを広く使った攻撃を展開する。



「監督がこんな言葉で説明していいのか?」と思う
(他サポの)人もいるかもしれないが、
これこそが原監督が「愛される理由」である。

シュートの指導も


ポンときてチョン

だし・・・
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-17 15:48 | 青赤報
vs 新潟開幕戦、ゲストは昨年と同じく・・・
a0000078_184919.jpg昨年好評を博した

東京スカパラダイスオーケストラ

の登場が再び決定した模様。
(詳しくはここをクリック)


昨年はスカパラ演奏の

You'll never walk alone」 *音出るので注意

を聞いた時
ああ、ついに開幕だ(今日までオフが長かった・・・)」と涙せずにはいられなかった。
(FC東京のホームゲームでは、開始前にこの歌が歌われる。
有名どころではイギリスのリバプールなども。)


*写真は昨年開幕戦で発売された記念Tシャツ。一部で争奪戦が起きた。
 フルデザインはこちらで確認できます。



今年の開幕戦は vs新潟ということもあり、
はやめにチケットとらないとなんて話も出ているが
(なんか30台以上のバスで国境越えをしてくるとの噂)、
これでますますその状況に拍車をかけるか?  *SOCIOならその点安心
(去年の開幕ゴール裏ですら、スカパラ目当ての人が多かった。)

並ばないといけない、というのは個人的におかしい気もするが・・・
[PR]
by amaral_11 | 2004-02-16 18:50 | 青赤報