SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
サッカー移民
a0000078_02617.jpgサッカー移民 ~王国から来た伝道師たち~』(加部究著)をやっと読んだ。随分前から気になっていたが、なかなか読めなかった一冊。
日本サッカー会に多大な影響を与えてきたブラジル人選手、および日系ブラジル人選手にスポットを当てた作品だが、ひじょーに面白かった。



構成は3章だてになっており

第一章・・・日系ブラジル人たちが、両親の祖国へやってきた
       (ネルソン吉村、ジョージ小林、セルジオ越後など)

第二章・・・本当のプロが来日し、やがてJリーグがはじまった
       (カルバリオ、マリーニョ、オスカー、サンパイオなど)

第三章・・・サッカーのためにやって来て、永住を決めた助っ人たち
       (与那城ジョージ、石川康、闘莉王など)

の章題のもと、それぞれの選手達がなぜ日本へ来たか、
どんなことを考えたか、
そしてサッカー界にどんな影響を与えたか
が丁寧に紹介されている。

正直名前をはじめて知った選手もいたが、
テレビや雑誌などで名前をよく見かける選手達の知られざる一面を知ることができて、サッカーを介した日本とブラジルのつながりの深さを考えさせられた。

またについてはよく知っているつもりだったが、ブラジル時代の苦労のエピソードは知らなかった。
なおアマについて詳しく知りたい人は、ここを読もう。これで泣かない奴は鬼だ!

あと最後に闘莉王が出てくるのだけれど、正直見直した。
すごくいい奴だ。闘莉王は漢(おとこ)!
オリンピックでは頑張れ!(FC東京戦は頑張るな!!)
[PR]
by amaral_11 | 2004-05-12 00:27 | 蹴玉本&雑誌
<< 神戸のチームカラー変更にドロッ... 双子だJ ~森崎兄弟対策~ >>