SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
『プロ野球ユニフォーム物語』に思う
a0000078_11501093.jpgサッカーとは全く関係の無い話題になるが、
プロ野球ユニフォーム物語』という本を買った。
これは『週刊ベースボール』に連載されていたものをまとめたもので、
各プロ野球球団(現存しない球団も含めて)の
歴代のユニフォーム(やエンブレム)を紹介しているものである。


元々俺は野球マニアだ。
学生時代は1年間アルバイトで貯金し、夏休みはその金で
野球を見るためにアメリカを(バスで)周るということをしていた。
野球ももちろん好きだが「球場」や「ユニフォーム」にも興味があったので、
現地でそういう本を見つけたら迷わず買っていた。
よって長年「日本でもこういう本、出されないかなぁ」と思っていたので、
まさにこの本はうってつけな一冊である。

こういう歴代のユニフォームを紹介した本を読んでいると、
ユニフォームの色使いやデザインは、
後から見るとその時代を(ある程度)反映していることがわかる。
チームカラーなども、例えば同じ「青」でも微妙に変化していたりするし。

ここでJリーグの各クラブのユニフォームを紹介した、
同じような本がでないかななんて思う。
スタート当初から比べればクラブ数も確実に増えているし、
最近は商業上の戦略なのか、
意味も無く毎年ユニフォームのデザインを変えるクラブも増えている。

またイラストだけでなく(『プロ野球ユニフォーム物語』風に)

「10億円のスポンサーがついたことによりXXX風なデザインとなったが、
選手層の薄さを露呈してその年を境に徐々に低迷。
成績理由を低迷にスポンサーが撤退したため、
翌年以降しばらくこのデザイを変えることができなくなった。」

なんて解説が載っていたりしたら、
ユニフォーム(のイラスト)をみたらその時の出来事を思い出せるから、
クラブの歴史を知るための本としてもいいと思うんだが。
[PR]
by amaral_11 | 2005-04-08 11:49 | 蹴球雑感
<< 500円玉貯金はじめました(v... ペーニャについての村林専務イン... >>