SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
イルレタ監督、3月で辞任?
a0000078_1251654.jpg気になる記事。 by terraceさん

例の如く、スペイン語を英語に自動翻訳して、脳内で日本語に訳し直しました。
かなり文章もすっ飛ばし、手も抜いています。
よって苦情など寄せないように!
(考えるな、感じろ!)

しかしそうなると、オレが見に行く「デポルティーボ vs Rマドリッド」が
イルレタたんホーム最終戦になるのか?
赤いトラック野郎・パンディアーニもいないし、寂しいなぁ。

*livedoorsスポーツにちゃんとした翻訳あり。ここをクリック。

----------------------------------------------
05-06シーズンのデポルティーボラコルーニャの監督として、
元レアルマドリッド監督であるビセンテ・デル・ボスケ氏が
就任することが確実となった。
デポルティーボとビセンテの間では既に契約を同意している模様だが、
公式なコメントは出ていない。
現在デポルティーボの監督を務めているイルレタ監督は
この3月での辞任を決意しており、
文字通りデポルティーボラコルーニャの新しい航海が始まる。

1月4日の時点でイルレタ監督は、
今シーズン途中での辞任を決意したといわれている。
それに伴い公認候補の選定をはじめたクラブ側は
何人かの有力候補と交渉を持ったが、
ビセンテ・デル・ボスケと契約を結ぶことを決めた。

イルレタ監督からデルボスケへのバトンタッチは、
クラブにとって栄光の掛け橋となるだろう。
7シーズンに渡ってデポルティーボを率いたイルレタは、
クラブをヨーロッパの強豪へと育て上げた。
スペイン国内でタイトルを獲得するだけでなく、
昨シーズンはチャンピョンズリーグにおいても
準決勝まで進出を果たした。

05-06シーズンは、デポルティーボラコルーニャにとって
まさに試練のシーズンとなる。
クラブの経営陣も創立100周年に向けて、
チーム力の強化に乗り出すだろう。

----------------------------------------------
[PR]
by amaral_11 | 2005-02-04 12:51 | 蹴球雑感
<< 加地よ、ジョルジーニョになれ いつもココロにゲーフラを >>