SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
妄想チューニチスポーシ
■強いぞ東京!J2相手に3連勝

a0000078_12204225.jpg天皇杯準々決勝を湘南と戦った東京は、3-1で見事勝利。
これで天皇杯は「J2相手に3連勝」というチーム史上初の快挙を成し遂げ、
意気揚揚と国立へ乗り込むこととなった。



「弱きを助け、強気をくじく」そんな「イイ人・東京」の攻撃サッカーは
こと天皇杯においては変わりつつあるようだ。

水曜日に浦和を2-1で破り勢いに乗る湘南は、立ち上がりから攻撃を仕掛ける。
前半15分、CB藤山と対峙したアマラオが「アノシュートハキメナキャネ」と
言葉によるフェイントをかけて藤山が動揺した隙に、シュート。
これがベストイレブン様でありかつ代表様でもあられるネ申の手をかすめ、
ゴールネットを揺らす。

先制された東京は、右サイドを起点に徐々に湘南陣内へ攻め込み始める。
後半38分に加地からボールを受けた石川がクロスをあげ、
条件反射でつい飛び込んでしまったアマラオのオウンゴールを誘う。

東京が勝ち越したのは、後半開始15分だった。
ゴール手前15mから放たれた鈴木のFKは文字通り
「無修正版タイガーショット」。
湘南ゴールのネットを突き破り、更にはゴール裏の椅子をも破壊した。
「監督から”点を決めるだけでは、ドトールはダメだ。一芸を見せろ。
ミラノサンドをつけてやる”って言われたんです」とは試合後のコメント。
最後は再びケリーがヒールでシュートを決め、見事3-1で湘南を下した。


●ハラ監督のコメント
「ケリーにドトールの優待券をあげてから、調子が上がってきた。
自腹なので正直きついが、今度はナオに上げて磐田戦に臨みたい」
[PR]
by amaral_11 | 2004-12-14 12:20 | 青赤報
<< シーホークにて 東京 vs 大宮@鹿児島・鴨池 >>