SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
並びの文化を考える
a0000078_1582161.jpgナビスコカップ決勝チケット争奪戦で思い知ったのが、
浦和には並びの文化はあるが、東京にそんなもん存在しない」ということである。



今週の月曜発売のEL GORAZOでコージさんのイラストにもあったが、
確かに浦和サポは防寒対策バッチリで参戦していた。

しかし敢えて個人的意見として暴言を述べれば、
サッカーに並びの文化が存在するのは、どうなのか??
そんなもん、いらん!!
(←大沢親分の「喝!」風に。)
別にこれは「浦和が~」とかではなく、
日本のサッカー全体に言えることとして。


私の友人(♀)で熱狂的楢崎正剛ファンがおり、
代表の試合ともなると会社を休んで早朝から並びに行ったりしている。
「朝早くから、めんどーじゃない?ヒマなんすか?」と
薄幸の美少女並に低血圧で朝弱い俺(←うそ)が聞くと、
少しでも!近くで!!セーゴウを!!!見たいじゃやないの!!!!」と
興奮気味に並ぶ理由を語ってくれた。
(前に行ったら、楢崎のケツしか見えないだろうに・・・そこが逆にいいのか??)

まぁそういうスタジアムに並ぶのは百歩譲っても、
チケット買うために並ぶってのはなぁ・・・
とりあえず東京には普及して欲しくない文化(?)である。


しかし今回全国各地でチケット争奪の為に並ぶのが発生したのは
(そして多くの屍の山が築かれたのは)、
チケットの売り方が悪かった、というのもある。
現状の売り方は、普段からチームを応援している人々(サポ)が、
決勝という大舞台のチケットをなかなか買えないというジレンマを生んでいる。
かつそれで焦ってしまう人間心理の隙をつき、
法外な値段でチケットを売りさばくチケットゲッターの暗躍を許している。

*例えば今回東京の場合、SOCIO(年間チケット保有者)には
 決勝のチケットが行きわたったが、そうでない人々の分は確保されていない。
 普段から東京を応援しているけれど様々な理由でSOCIOになれない
 そういう人のことを考えると、ちょっとツライ。



そこで解決策をって考えると、

 決勝前に行われたそのチーム主催の5試合のうち
 3試合の半券保有者には、無条件で優先販売


ぐらいしてもいいのではないか?
これでゲッターの暗躍を完全に防げるわけではないし、
普段サッカーを見に来ない人を締め出す結果にも繋がりかねないが、
決勝の舞台はできれば両チームサポでスタジアムを埋めて試合を盛り上げたい。
また実際にチケットを買うためには
「指定する応援歌をちゃんと歌えるかどうかで、サポかどうかを判断」
したって俺は構わないぞ!
もし余ったら、それを一般販売にすればいい。
(理想は一般販売は無いぐらい、両チームでチケットを捌いてしまう。)


という訳で、来年以降の改善をよろしく頼んだ!>JFA


*長文失礼
[PR]
by amaral_11 | 2004-10-20 22:22 | 蹴球雑感
<< CL リバプール vs デポル... 船越アナコンテスト >>