SEXY TOKYO!!
by amaral_11
カテゴリ
全体
青赤報
ヒロミが跳ぶ(観戦レポ)
蹴球雑感
ダービーですよ、奥さん!
東京五輪音頭
制服系
選手名鑑を読む
ヒロミ語録
エスパーニャ
Spain旅支度
Camino de La Coruna
Camino de La Barca
蹴玉本&雑誌
ゲーフラ万歳!
僕らのチケット戦争
ナビスコ決勝2004
AOA課取り扱い説明書
FM-AOAKA
恥丘の歩き方
未分類
以前の記事
加地批判
a0000078_12224230.jpg・・・をする奴は、豆腐の角に頭をぶつけて死んじめぇ! ヽ(`Д´)ノ ウヮーン!

*写真はトーチュウ様より拝借




という偏愛に満ちた発言はともかく、
スタジアムにも足を運ばないで「加地イラネ」を繰り返している輩は、
沐浴の上身を清め、余分な毛があれば剃毛処理を施し(=白牌化)、
朝夕晩と皇居に向かいて敬礼をし、『フランダースの犬』の最終回を見て涙し、
有り金はたいてナビスコカップ準決勝のチケットを購入し、
心身ともにすなおな状態となったところで
トーチュウ様の倉又コーチコラムを読み、己の見識を改めて考え直して欲しい。

難しい環境の中で加地の成長素晴らしい

>最近ではジャーンに対してもしっかりと指示の声を出し、
>的確なカバーリングができるようになった。

>攻撃参加でも、左から右へのサイドチェンジのボールに対し、
>攻め上がるタイミングが早くなったし、
>左DFの金沢まで見渡せるほど視野が広がっている。
>守備への戻りも、格段に速くなった。



倉又コーチも触れているが、加地は急激に成長するタイプではない。
思えばイシカジコンビが確立したのも、去年のシーズンからだ。
(もう随分長い間、コンビを組んでいるような気がするが。)
「代表なんだからそんな悠長なこと許されない!」という批判があれば、
加地にではなく、加地を選んだズィーコになされるべきだ。

昨日まではオマーン戦に出なくてもいい、と思っていたけれど、
倉又コーチのコラムを読んで、ピンポイントクロスを上げて鼻を明かしてやれ!という気になった。


閑話休題。
ニッカンスポーツにも、加地に関する記事があがっているけれど、
普段あまり東京の取材をしていない記者によるものというのが
ありありとわかって面白い。

>健康管理には定評があったが ←温泉となぜ書かない

>今週から来週にかけては、代表戦を見据えた治療に専念できる。
その前にダービーですよ、奥さん!代表至上主義が垣間見える。


トーチュ様と比べると、愛の差を感じますな。トーチュウ様、万歳!
[PR]
by amaral_11 | 2004-09-29 12:37 | 青赤報
<< スペイン紀行4日目~炸裂!リア... スペイン紀行3日目~貴女に似た人~ >>